KazunStyle > AQUARIUM > 飼育方法(レッドビー)
Last Update:09 May 2007
 レッドビーシュリンプの飼育方法
  ここではレッドビーシュリンプのうちでの飼育方法を紹介していきたいと思います!!
  (あくまでうちでやっている飼育方法なので同じようにやったのに上手く行かなかった!!とかの苦情は勘弁してください・・・。)
  使用器具 (詳細はこちら
器具 品名(コメント)
水槽 <クリスタルキューブ200>

これくらいの小さめ水槽だと10匹くらいから始められるとのことだったので、
この20cmキューブを選びました。今は15匹で始めてます。
ほんとはもっと小さくてもいいかと思ったんですが、これ以上小さくなると水換えが大変だったり、
水質変化が激しかったりするかな?って思いこのサイズにしました。
(これでも十分水質変化が激しいかもしれませんが。。。)
底砂 <アクアソイル(アマゾニア)>

今まで散々失敗してきて、どうも底砂か!?ってとこにたどり着き、
色々調べたらどうもソイル系がいいぞ!!?ってことで前に買って余っていた
アクアソイルを使ってます。今のところかなり順調です!!
その他 <流木つき水草・竹炭>

とりあえず隠れるところを作ってあげようかと思って入れてます。
  飼育方法
項目 内容
水作り @ 水槽の水洗い
    洗剤を使わず(←これ基本(^_^)v)スポンジでゴシゴシ水洗いをします。

A 底砂の水洗い
    アクアソイルの場合は水洗い不要みたいですが、
    そのまま入れるとかなり水が濁るので溜めた水の中に流す感じで入れて水を流します。
    あとはなるべく砂に直接当てないように(水の勢いで砂の形が崩れちゃうため)水を入れて、、、
    これを何回か繰り返します。

B 器具のセット
    ここでは単純にヒーター、水温計、フィルターをセットします。
    フィルターはうちでは外掛けフィルター(OT-30)を簡単に改良して、
    純正フィルターを外してろ過材を入れ、アクリル板で仕切って下を少し開けて
    水の流れが出来るようにしてます。
    あとは物理ろ過のためストレーナーフィルターを付けてます。
    (↑↑↑でもこの純正のストレーナーフィルターは目が荒い気が・・・。)

C 水張り
    ここでは別の水槽の飼育水(種水)を使って水槽いっぱいまで入れます。
    (飼育水(種水)がない場合は、水道水にカルキ抜きを入れて水槽いっぱいまで入れます。)

D バクテリアの投入
    飼育水(種水)を使った場合はバクテリアいらないってウワサもありますが・・・、
    うちではとりあえず少しだけ入れてます。
    (なんとなく、水は出来てるけど、底砂とろ過材は新しいので・・・。)

E 空回し
    準備が出来たら空回しをします。
    期間は・・・、今回は2日・・・(^_^;)
    飼育水(種水)がない場合は、、、1週間くらいですかね?
    バクテリアがろ過材とかに定着するまで?
    (ここはうちでは種水なしでやってないのでなんとも言えませんのご勘弁を・・・。)
水合わせ @ 水温合わせ
    20cm水槽だと、買ってきた袋を浮かべるのが大変なので、
    うちでは60cm水槽に浮かべて水温合わせをしてます。
    (小さい水槽しかない場合は、水槽の水を少し減らして無理やり
    縦に入れるしかないですかね・・・。)

A 水合わせ
    エビは水質の変化に非常に弱いので、サカナのように水温を合わせたあとふたを開けて
    勝手に出て行くまで待つ!なんてわけには行きません!!
    これでやってしまうと、経験から言うと1週間後には半分くらいまで減ってしまいます(;_;)
    なのでエビの場合は、水温を合わせたら袋からバケツにあけてエアーチューブを使って
    飼育水を点滴のようにバケツに入れて行きます。
    このとき、エアーチューブをクリップ等で挟んで水量を調節し、
    (そのまま全開で流すと結構水量が多くなってしまうので・・・。)
    飼育水と買ってきたときの水の割合が9:1くらいになるまで水合わせをします。
    水槽が小さいので、飼育水が足りなくなってきたら水あわせをしているバケツからボウル等で
    水槽へ戻しながらやってます。これを2〜3時間くらいかけてゆくっりやります。

B いざ水槽へ
    さぁいよいよ水槽に移しますが、ここでも注意点が。。。
    水合わせをしている間にバケツの中の水温が変わっちゃってるんですね(>_<)
    人によってはヒーター、水温計を入れてバケツの中の水温を
    常に合わせているって人もいるみたいですが・・・。うちではそこまでやってません(^_^;)
    バケツからボウルにエビちゃんを移し、水槽の中で少しずつボウルに飼育水を入れて
    水温を合わせてから水槽にエビちゃんを移してます。
    これって最初に水温を合わせる意味があるのか!?って感じですが・・・。
エサ     エサに関してはそんなに気にはしていません。。。
    残さない程度の量っていう基本だけ気にして、今は「ひかりエビ」をあげてます。
    朝起きて夜あげたエサが残ってなかったら少しあげて、
    夜も朝あげたエサが残ってなかったら少しあげて・・・。って感じです。
水換え     水換えも水合わせと同じように飼育水を抜いたあと、新しい水を点滴のようにゆっくり加える!!
    と言う人もいるみたいですが・・・。うちではそこまでしてません(^_^;)
    水をボウルで抜いたあと、浄水器の水(もしくはカルキ抜きした水道水)をやはりボウルで
    少しずつ加え、バクテリアを少量追加してます。
    ここでのポイントは水合わせでも書いてますが、エビは水質の変化に弱いので
    大量の水換えはダメってことです!!
    サカナのように3分の1〜2分の1も換えない方がいいと思います。
    これも人によっては減った分の水を足すだけ!!って人もいるようです。。。
Copyright (C) 2007 Kazun. All Rights Reserved.